犬の健康のために

犬の健康管理

狂犬病ワクチン

狂犬病予防ワクチン接種は法律で決められている事です。犬を家族に迎えると言う事は、登録をしてワクチンを打つと言うことです。

接種をする時期は、生後91日以上であれば飼い始めて30日以内に1回、その後は毎年1回注射を受ける必要があります。日本には狂犬病の清浄国ですが、接種をしている人が多いために、発生がないのです。接種率の現象は狂犬病の発生を意味します。台湾も長い間狂犬病が発生していませんでしたが、昨年発生してしまいました。実は、海外では発生国の方が多数となっています。人も犬も一度発病すれば100%死亡します。

混合ワクチン

伝染病から犬を救おう!

混合ワクチンは飼主さんの任意で接種を行うものです。しかしながらこれらの病気は現在も日本ではなくなっていない病気ですので、しっかりと予防接種をする事で、犬を守ることができます。ワクチンの接種をして、免疫力をつけることが重要です。当院では5種・8種のワクチンを接種することが可能です。

ワクチン接種で予防できる伝染病

犬ジステンパー 発熱・下痢・神経症状等、死亡率も高く怖い病気です。
犬アデノウイルス2型感染症 肺炎や扁桃炎などの呼吸器症状を起こします。
犬伝染性肝炎 肝炎を主とし、嘔吐や下痢等の症状をおこします。子犬では突然死することもある怖い病気です。
犬パラインフルエンザ 咳や鼻水、扁桃炎を起こします。ケンネルコフと呼ばれる犬の風邪の症候群を引き起こします。
犬パルボウイルス感染症 血混じりの酷い下痢や嘔吐をおこす腸炎型や、子犬に突然死をもたらす心筋型があります。伝染性が強く、死亡率も高い怖い病気です。
犬コロナウイルス感染症 腸炎を主として、下痢や嘔吐を起こします。パルボウイルスと混合感染すると重篤な症状を引き起こすので、パルボウイルスと一緒に予防する事が重要です。
犬レプトスピラ病(黄疸出血型) 人にも感染するこわい伝染病です。出血型は歯ぐきの出血や黄疸、カニコーラ型は高熱・嘔吐・下痢を引き起こします。ネズミの尿を介する伝染病のため、野山によく行かれるワンちゃんには特に予防が必要です。
犬レプトスピラ病(カニコーラ型)

フィラリア症

犬フィラリア症から犬を守る。

フィラリア症は蚊によって媒介される犬の寄生虫です。お腹の寄生虫と違い、簡単には駆虫できません。フィラリアが肺動脈や心臓に寄生することにより症状があらわれます。そして一度寄生すると将来後遺症として残りますので、予防が肝心です。
犬フィラリア症は毎月1回のフィラリア薬の内服でほぼ100%予防できる病気です。

フィラリア症の薬は蚊が媒介しますので、蚊のいる時期に行いますさいたま市では5月から12月が普通です。

フィラリアのお薬は体に入ってきたフィラリアを駆除するためのお薬です。フィラリアのお薬を飲む期間は、蚊が出現した時期の1ヶ月後から蚊がいなくなる時期の1ヶ月後までの間、月に1回投薬することでフィラリアの幼虫を駆除します。

ノミ予防

ノミは寄生させないのが一番です。

ノミの幼虫は寝床やカーペットの奥に生息しています、ノミが犬の体に寄生するとかゆみからの皮膚炎やノミの唾液によるアレルギー、吸血による貧血などを引き起こすことになります。また人間をまちがえて刺す事もありますので、徹底的な駆虫はとても大切です。

ダニ予防

さいたま市にはマダニがいます!

マダニは草むらや藪などにひそみ、そこから犬にくっついて、犬の体に寄生します。
多数寄生しているの場合には、多くの血液が吸われてしまうため、栄養障害や重度の貧血を引き起こします。また、マダニは死亡率の高いバベシア症という病気を媒介します。最近では人間に「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を引き起こすウイルスを媒介することが分かりました。人間も死亡してしまうので要注意です。

バベシア症について

バベシアは赤血球の中に寄生する原虫です。赤血球内に寄生するため、駆除することが難しく死亡率は50%にもなるという報告がされています。そのため、寄生を未然に防ぐことがとても重要となってきます。ノミ・ダニの予防もしっかりと行っていきましょう!

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について

ダニにより媒介されるウイルスで、人間が感染すると、発熱、嘔吐、下痢、腹痛、下血、そして血小板や白血球が減少して、肝機能傷害が起こし、死亡するケースがある怖い病気です。

※ノミ・マダニも通年予防を行いましょう。

ノミの卵は外気が13度以上あれば孵化します。ノミもマダニも暖かい季節に多く発生しますが、家の中が暖かい場合は関係ありません。人間の洋服や靴にくっついてお家に持ちこんでしまうこともあります。 たとえ室内飼いであってもノミ・マダニの通年予防を行いましょう。

食餌管理

与えるものによって、動物の健康は変化します。自分で食べるものを選べない愛犬の健康は、飼い主さんが握っています。どうかご注意下さい。

犬は雑食動物で色々なものを食べますし、味のついているものを上げると喜んで他のものを食べなくなることも多いです。基本的には肉食が主体です。人間とは必要な栄養素が違います。犬に必要な栄養素を満たす食事が必要です。 また子犬犬の頃や高齢期では食餌は変える必要があります。

子犬の時は、成長期に必要な栄養素を過不足なく与える事が大切です。同時に十分なカロリーも必要とします。不足だけでなく過剰なカロリー接種は骨格に異常を来したり、肥満を招いたりと悪影響を及ぼします。 成犬では、生活環境や運動量に応じて食事の量を変えなくてはいけません。体重測定を頻繁に行い管理をしてあげましょう、高齢期では、必要なカロリーが減ってきますので、それに合わせて摂取カロリーを調節してあげないといけません。

誤った食生活は通常定期検診や、ひどい時には病気に墜ちいった時に初めて気付きます。適切な食生活を送れば、犬はより健康に長く過ごすことができます。ライフスタイルやライフステージにあわせた食餌をバランス良く与えましょう。

理想的な食事管理を家庭で作ることはとても大変です。総合栄養食であるドッグフードを選ぶというのはより簡単でより栄養素が整っていますのでお勧めです。しかしながらできるだけ品質の高いものを選んであげることが、長期的な健康ために推奨されます。 品質の高いものはどうぞ獣医師に相談下さい。値段の高いものや、グルメなものであっても、良くないものもあります。

当院でも、家庭犬のライフステージ(子犬・成犬・高齢犬)、体質や疾病予防(肥満、避妊・去勢後、敏感な皮膚、胃腸が弱い、尿路疾患)を考えて獣医師が開発した、高品質で嗜好性の高いドッグフードを常用食として推奨しております。

病気になってしまった時の食餌

犬が病気になった時、病気に合わせた治療食があります。

病院で処方する処方食は、獣医師により作られた特別な食餌です。疾患を悪化させる要因を軽減し、疾患の改善を助ける栄養素が配合されています。言うなれば医食同源をかなえる食餌です。最近の処方食は、嗜好性もよく、疾病によっては、病気の進行程度に合わせて細かく食事管理をすることができます。食餌管理は、治療の一貫です。適切な食事を与えていただくことが、疾病の改善、進行の防止、病状の安定や寿命の延長に繋がります。

しかしながら処方食は、栄養素の制限が厳密なため、常用食としては適しません。場合によっては、健康を害する恐れがありますので、必ず獣医師の処方に基づいて与えましょう。

歯石除去

歯磨きを毎日しましょう

歯磨きを毎日していますか?

犬の歯は、毎日磨かないと歯に歯垢が溜まり、3日ほどで歯石に変化してしまいます。歯石が付着してしまうと、歯肉は炎症を起こし、歯槽膿漏や口臭が発生し、顎の骨迄感染してしまうと顔が腫れたり、膿んできたり体調を大きく左右することになります。また歯石は細菌の塊であり、その細菌を含んだ唾液を毎日飲み続けることで心臓、肝臓そして腎臓も悪くしてしまうと言われています。歯磨きを習慣づけて、歯石の付着を予防しましょう。丁寧に歯を手入れすると、寿命が約2年違うといわれています。

歯石除去のすすめ

もうすでに付着した歯石を、飼い主さんが除去する事はとても難しいです。歯ブラシで磨いても、歯石は取れません。当院では全身麻酔下で歯石を取る処置を行っています。

歯石除去処置

全身麻酔下にて超音波スケーラーで歯石を除去することです。 日帰りで終ります。予約制です。

スケーリング

超音波を利用した、歯石除去器を使用して歯に付着している歯石を除去します。抜歯が必要な歯は抜かなくてはなりませんが、ひどくならないうちに行えば、常に綺麗に保てます。

現在では動物用の歯ブラシや、歯磨きペーストが市販されていますので上手に活用して下さい。

爪切り

爪切りは定期的に行いましょう。

良く散歩に行く犬では爪は殆ど切らなくても大丈夫ですが、爪を切る作業をする事で、足の裏や爪の異常似気付くことがあります。コミュニケーションを取りながら、上手く行うことがたいせつです。あまり短くするのではなく、軽く先の方をカットする程度でも構いません。犬の爪には中に血管がありますので深爪すると容易に出血してしまいますので、要注意です。また親指の爪が前足にそしてたまに後ろ足にもありますので、この爪も忘れないで下さい。

耳のお手入れ

耳の手入れも大切です。耳垢の色や臭いを常にチェックしてください。

耳は、軽くコットンで拭き取る程度で構いません。汚れの多い子は、耳の洗浄液を注入し洗ってあげる必要があります。綿棒などでごしごし耳垢を取ると、かえって炎症を起こします。また手入れをする前に左右の耳の臭いを嗅いで下さい。左右の臭いが違っていたり、いつもよりきつい臭いになっている時は、病院に相談する事が大切です。また痒みがひどい時も早めに当院に相談下さい。

肛門腺

肛門嚢と呼ばれる袋が、肛門の4時と8時の部分にあります。通常は排便をしたり、興奮をして力んだりした時に、分泌されるものですが、現代の生活ではこの分泌が行われずに、溜まって悪さをする事があります。分泌物がたまりすぎると、おしりを引きずる行動が起こったり、なめたりします。さらにひどくなると化膿したり、皮膚に穴が開いてしまうこともあります。起こり安い子は、定期的にしぼってあげましょう。

シャンプー

シャンプーは高温多湿の日本の環境には重要な役割を担っています。

シャンプーをする事で、皮膚の感染を抑えたり、毛玉などの除去をする事ができます。また体に触ることは、皮膚の異常やできものを早期に発見できますので、是非行って下さい。通常のシャンプーは1ヶ月に一回程度でかまいません。皮膚の異常がある場合は特殊な治療用のシャンプーで週に1~2回ほど、シャンプーを行うことが必要になります。

シャンプーの方法

  1. ブラッシング
  2. シャンプー前にお湯で前洗いをして下さい。
  3. シャンプー液を手に取って全身に塗布します。
  4. 全身をマッサージしながらシャンプー液を浸透させる。15分程度。
  5. 十分にシャンプー剤を洗い流して下さい。
  6. タオルで水気ををしっかりとり、ドライヤーで乾かします。温風が直接あたって熱くなりすぎないように使用して下さい。

マイクロチップ

身元情報のキーとなる固有のID番号が書き込まれたマイクロチップをあなたのペットの皮下に埋め込み、専用の読み取り機で個体の鑑別をすることができます。

埋め込みは専用のインジェクターでほんの数秒で行うことが可能です。特に麻酔を行う必要はありません。

主にペットが迷子になってしまった場合、災害や盗難の場合、海外渡航時などに役立ってくれます。

埋め込みは専用のインジェクターでほんの数秒で行うことが可能です。特に麻酔を行う必要はありません。

日々の生活で注意したいこと

犬に与えてはいけない物

犬に与えてはいけない鋳物は沢山あります。既に与えているものがある場合は速やかに中止して下さい。アボカド、ナッツ類、鳥の骨、トウモロコシの芯、果実の種、カフェイン類、チョコレート、葡萄類、キノコ類、ネギ類、レーズン、そしてキシリトールを含む食品などがあげられます。アルコール類も気をつけて下さい。深刻なトラブルになることもありますので、注意してください。人間の薬もよく誤飲して来院される飼い主さんがいます。また目を盗んで、なめてしまったり食べてしまうものには、洗浄剤、紐、保冷剤や不凍液(エチレングリコール)、殺虫剤や除草剤などがあります。緊急ですので、すぐに救急病院にいってください。また、たまに、ひづめを与えている方がいますが、これで歯を折る子が多くいますので、あまりに硬いものは避けて下さい。野菜類は、吸収をよくするためには、ミキサーを使うか、みじん切りにして下さい。栄養が吸収されやすくなります。

喫煙

喫煙者がいる家族に飼われている犬ががんになるリスクは1.6倍といわれています。煙の有害物質は空気中で下降し、足下で生活している事の多い犬は人より影響を受けやすく、特に鼻先の長い犬種は鼻腔がんの発症リスクが高まります。また煙草のニコチンは心疾患のある小型犬では症状が悪くなることがあります。喘息を持っている犬は症状を悪化させてしまいます。喫煙者がいる場合は、換気をして、空気清浄機を設置することが大切です。

車で旅行に出かける方へ

車酔い

旅行の時は、軽い食餌を6時間前までに与えて下さい。多くの食べ物が胃の中に残っていないので、気持ち悪くなりにくいです。車酔いのひどい子には動物病院で薬を処方してもらいましょう。

乗っているとき

ペット用のキャリアに入れるか、シートベルトに取り付ける胴輪などを利用して固定しましょう。最近では動物用の車の旅行用グッズも多くなっていますので、チェックをしてみて下さい。

休憩

旅行中は最低4時間に一度は休憩を取って、水を与えて、歩かせて下さい。都心と違い地方では、沢山の病気が存在します。ワクチン接種や駆虫を忘れずに。

車の中に動物だけをおいていかないで下さい。少しの時間でも熱い時は命取りになります。また寒いときも小型犬は低体温症になります。

ワクチン、フィラリア、ノミダニの予防はしっかりとやっておいてください。地方都市に行くときには、行き先の特殊な病気についても知っておいてください。

Dogドック始めました

わんちゃんの加齢速度は人間の4~5倍といわれています。そのため、わんちゃんは、年に一回の健康診断でも体の中の大きな変化が見つかることがあります。

病気を早期に見つけ、少しでも長く健康で過ごすことができるよう、年に一回の健康診断を受けられることをお勧めいたします!!

検査項目

  • 一般身体検査(聴診、触診、視診、体温、体重測定)
  • 血液検査(生化学+血球系):糖尿病、肝臓病、腎臓病などの見た目ではわからないような病気の有無をチェックします。
  • レントゲン検査(胸部、腹部):臓器の形の変化や腫瘍など、外側から見ることのできない体の中の異常をチェックします。
  • 超音波検査:レントゲンでわかりにくい臓器の形の異常などを見ます。
  • 尿検査:尿に含まれる糖やタンパク、潜血、PHなどをチェックします。
  • 糞便検査:消化管内の寄生虫感染の有無をチェックします。
  • 甲状腺ホルモン検査:高齢の大型犬では甲状腺機能低下症をチェックします。

※以上の検査項目ですべての病気を発見できるというわけではありません

Dogドック料金

年代 身体検査 血液 レントゲン 超音波 尿 糞便 甲状腺 通常料金 セット料金
成犬 ¥18665 ¥14000
シニア ¥25265 ¥18000

*シニアは小型犬:7歳以上  大型犬:6歳以上

注意事項

  • 予約制です(空き状況により当日受付可)。
  • 前日の夜0時以降はお食事はあげないでください。お水は与えてもかまいませんが、当日の朝は少量にしてください。
  • 当日は午前10時までにお連れいただき、夕方5時頃のお迎えとなります。
  • お迎えの際に検査結果をお話しいたします。
  • 当日は尿検査、糞便検査に使用するための、尿、便をお持ちください。(なるべく新鮮なもの。尿は当日とれなければ後日持参していただきます。)